まだ結婚できない男・3話あらすじ・ネタバレ

偏屈で皮肉屋だけれど、どこか憎めない阿部寛演じる桑野信介の魅力は健在。
大人気だった前作「結婚できない男」が、帰ってきました。
結局、桑野はまだ結婚できていないので今作のスタートとなったわけですが、新たなキャストとして吉田羊、深川麻衣、稲森いずみがを迎えストーリーが展開していきます。
桑野と彼女たちの関わりはどんな事件を巻き起こすのか?
注目です。

「まだ結婚できない男」はU-NEXTで見逃し配信中。

「まだ結婚できない男」キャスト

桑野信介 : 阿部寛
弁護士 吉山まどか:吉田羊
離婚裁判をしていた :岡野有希江:稲森いずみ
マンションの隣人 戸波早紀:深川麻衣
村上英治:塚本高史
 共同同経営者となった建築士
桑野の母・育代役:草笛光子
妹・圭子役:三浦理恵子
中川良雄役:尾美としのり
 圭子の夫で桑野の良き理解者

ストーリー

53歳になった桑野信介。その偏屈さには一層磨きがかかり、相変わらずの独身生活を謳歌している。しかし、偶然出会った女性たちとの間で運命の歯車が回り始め…。果たして、桑野は今度こそ人生のパートナーを見つけることができるのだろうか。

「まだ結婚できない男」第3話 あらすじ

桑野はとなりの部屋の女戸波早紀(深川麻衣)がまた芝居のセリフの練習をしているのを盗み聞きする。
戸波は「青酸カリで明日殺す」というセリフを言っているのを聞いて、弁護士まどか(吉田羊)に相談する。
「隣の女が人を殺す計画をしているのを聞いてしまった、どうしたらいいのか」と告げる。
まどかは真剣に受け止め、たまたま関わっている刑事にそれを相談してしまい、刑事はわざわざ話を聞いてくれるが、桑野は「隣の女は芝居の練習でそのセリフを言っていると思う」と本音をばらす。それを聞いてまどかは本気で怒る。
一方、桑野がたまたま戸波早紀といたところを元カレが嫉妬してひと揉めするが、元カレも芸能人だったことから、その場面を週刊誌にスクープされ、掲載されてしまう。
その雑誌を見た周りの関係者から写真が桑野であることがあっという間にばれて広がってしまう。
そんななかで桑野と早紀は何かと絡むことになり早紀の芝居の練習にまで付き合うことに・・・

「まだ結婚できない男」3話感想

桑野は偏屈で「まだ結婚できない男」であるが熟年の二人の美人には囲まれ、さらに若い女優の早紀(深川麻衣)ともだんだん仲良くなるし、なんだかんだこんなうらやましい「結婚できない男」なっかいるかよ!!

といった感じになってきました。

また早紀の飼っているパグ犬とも心が通じ合っているようだし(笑)

 

「まだ結婚できない男」は1話からU-NEXTで配信中です。

コメント