時効警察はじめました・オダギリジョー 1話あらすじ・ネタバレ

日本ドラマ

ドラマ「時効警察はじめました」

TV asahi Go より

2006年1月、『金曜ナイトドラマ』枠で放送されて大人気を博した、『時効警察』。

あれから12年。“伝説のドラマ”として語り継がれているコメディーミステリーが、よみがえりました。

主人公・霧山修一朗を演じるのは、もちろんオダギリ ジョー。

ワールドワイドに活躍する彼が、12年ぶりの本作で、そのコメディーセンスを爆発させます。そして、時効捜査の“助手”・三日月しずか役でコメディの才能を爆発させた麻生久美子もまたまた参戦。

2019年版“時効警察ワールドまたまた楽しめます。

時効警察はじめました・キャスト

霧山修一朗 ・オダギリジョー

12年前FBIに出向したが、再び総武署の時効管理課に配属

独身でアパート住まい。

とんでもない観察眼を持っている。

三日月しずか・ 麻生久美子

総武署・交通課課長補佐。

以前は霧山の恋人の座を狙っていたが、霧山が渡米後、6年前になんとなくで、刑事課の刑事と結婚したものの、ほどなく離婚。

今はひとり暮らしの寂しいアラフォー。しかし、霧山から奪った婚姻届は今でも大事に持っている。

彩雲真空・吉岡里帆

総武署・刑事課の新人刑事。とにかく何でも頑張る熱血女子。

十文字に日々課せられる“張り込みの練習”や意味不明な指示も、全力でこなしている。

好奇心旺盛で、霧山が三日月と共に再開する時効事件の捜査には興味津々で、十文字の目を盗んでは時効管理課に入り浸り、首を突っ込む。

又来康知・磯村勇斗

総武署・鑑識課の若きエースで、諸沢の助手。

 

十文字疾風・豊原功補

総武署・刑事課のエース。

刑事として完璧かと思いきや、結構天然で何かおかしい。

無邪気に手柄を自慢したり、言動のピントがずれていたり…と、お茶目で憎めないキャラ。最近は、新人刑事・彩雲の指導にやたらと燃えている。

同期の霧山を勝手にライバル視している。

時効警察はじめました・1話 あらすじ・ネタバレ

今回霧山が捜査するのは、25年前の事件。

愛人関係にあった男女が同日同時刻に別の場所で死んだ事件です。

食品会社社長で女好きで「総武のウタマロ」と呼ばれていたの要玲蔵(かなめたまぞう)が
自宅で死亡。

閉め切った部屋でイカを焼いたことによる一酸化炭素中毒でした。

また同じ頃、新興宗教の運営者で玲蔵の愛人だった神沼絹枝(かみぬまきぬえ)
も玲蔵の冷凍倉庫で凍死ししていたのでした。

絹枝が自分で冷凍倉庫へ入る様子は防犯カメラに映っていましたが、
その後倉庫に近づく人物は確認されていません。

無人のはずの倉庫になぜ外から手動ロックがかかったのか、
この謎は解明されないまま時効が成立しています。

絹枝が運営していた宗教団体は今は娘の美沙子(小雪)を教祖として存続しています。

実は美沙子は死んだ要玲蔵の妻でした。

当時高校生だった自分の娘美沙子を自分の愛人である玲蔵とを結婚させたのです。

今、教祖美沙子の元で寄り添っているのは、美沙子の高校時代の同級生花崎新一(はなざきしんいち)
とい男です。

花崎は大学に進まず、憧れの美沙子に尽くす人生を選んだのでした。

捜査の途中で霧山は一酸化炭素ガスが商品として販売されていることを知り、

魚を新鮮に見せるために当時使われていたことを知ります。

現在は食品衛生法で禁じられていますが、食品偽装に慣れていた玲蔵なら手元に
一酸化炭素があってもおかしくありません。

防犯カメラに映らない方法を花崎に尋ねていた美沙子

花崎は、事件の少し前に美沙子から「防犯カメラに映らずに済む方法はないか」
と言われていたことを霧山に話します。

そして霧山は結論を出します。

なんとそれは「美沙子は絹枝に玲蔵を殺させ、玲蔵に絹枝を殺させた」

というもの?!

なんでそんなことが可能かというと

1.美沙子が、絹枝の腕時計の時間を遅らせておく

2.美沙子が、玲蔵にイカを買って来る

3.玲蔵が七輪でイカを焼き始めるのを確認した絹枝がボンベから部屋へ一酸化炭素を注入

4.美沙子が母絹枝に冷凍倉庫内の金庫の番号と倉庫前の防犯カメラが録画を止める空白の時間を教えて、金庫破りに行かせる

5. 絹枝が録画されていないと信じて倉庫に入ったのを見届けた玲蔵が、本当の無録画時間に倉庫を外からロックする

6 .絹枝を冷凍倉庫に閉じ込めた玲蔵が部屋に戻り、イカをあぶりはじめるが、部屋に充満していた一酸化炭素で死亡

美沙子はすべてを認め、娘を教祖にしようと狂ったような修行をやらせた母を憎んでいたのだと告白した。

「警察へ行きましょう」と言いますが、事件はもう時効です。

霧山の「3D誰にも言いませんよカード」が美沙子へ手渡されました。

こんなややこしい推理ができる霧山はやはり変人天才ですね。

 

コメント